Inzaghi+calcio+Piu'


Inzaghiを中心としたCalcio周辺の話題や日常の気になるものをピックアップ***ただし、現在は玉木宏に偏愛してますので、あしからず***
by Ilaria60
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

*Notte di Stelle*

シーズンも半ばなのに、Albertiniの引退試合として15日、San SiroでMilan vs Barcellonaの試合が行われます。
出場するのは、新旧取り混ぜた両チームのスターたち。
価格も10Euroから、と安く設定されていて、主役のAlbertiniは、TV番組でこう呼びかけていました。

「ぜひ、Stadioへ来て、子供たちにサッカーの素晴らしい選手たちのプレーを見せてあげてください。ちょっと年取ってはいますが(笑)、家族みんなで見てもらえるお値段ですし」


f0092821_029930.jpg


                     +++++++++

それで、その試合を前にして、Albertiniのインタビューが『SportWeek』に掲載されました。
ちょっと個人的にとても興味深かったので、一部を抜粋してみます。


Q:あなたの生涯をかけたクラブであるMilanを後にする、そのことは心の奥に深い傷を負ったのではありませんか?

Albertini(以下A):そうだね。けっして癒えることのない傷だ。
僕には、まだ2005年までの契約があった。2003年、2004年にも願い続けて、Rossoneroに戻れるよう頼んだよ。でも、2回とも、答えは No だった


Q:なんの説明もなしにですか?

A:なかった。
少なくとも、はっきりとした形ではそれはなされなかったね。
最初は、Redondo、そしてその後はDhorasoがいたせいかもしれない。もっとも僕が愛したクラブに戻るためなら、正直言って、Tribuna(観客席)にだって行ったかもしれない。
だけど、たぶん、クラブはそんな僕の気持を信用してなかったのかもね。僕がセカンドラインに滑り落ちて、主役ではない地位でもやっていけるのを受け入れる覚悟があるとは考えなかったのかもしれない。


Q:Lazio時代のMacini監督、代表でのTrapattoni監督とは信頼関係を築けなかった?

A:僕が彼らに対して抱いたような相手を尊重、尊敬する姿勢を彼らとは交換しあえなかったと言えるだろうね。

Q:では、あなたにとって、尊重、とはどういう意味でしょうか?

A:常にまっすぐ、であること。
たとえば、監督というものは、「ピッチには正確に来るように」なんて言うべきじゃない。僕はいつも正確だった。だから、そういうひとくくりにしたようなのは受け入れることは出来ない。僕はそういうことは、遅刻してきた当事者に、きちんと名前と苗字で言うべきだと思うんだ。それでこそ、そういう態度を改めさせることが出来ると思う。それはグループを尊重するということでもあるんだ。


Q:子供たちを指導すると想像してみてください。最初の日に彼らにどんな言葉をかけてあげますか?

A:一緒に楽しもう、そして、将来に希望を抱こう、そうすれば、君たちは僕よりずっと素晴らしい選手になれるだろう。

                 ++++++++++
そんな彼はまだ34歳、MaldiniやBilly、セナトーリのうちではもっとも早く新しい人生を歩み始めることになりますね。
# by Ilaria60 | 2006-03-15 00:10 | Calcio | Comments(2)

最新の記事

顔面神経麻痺になりました
at 2017-04-26 14:06
2016/11/05 京都..
at 2016-11-25 10:33
at 2016-11-10 00:30
祭りのあと
at 2016-11-07 20:18
20161030海星女学院大学
at 2016-11-07 10:11
20161022福岡女学院
at 2016-11-07 10:07
今日のお散歩土産
at 2016-03-09 01:54
抜け殻
at 2016-03-09 01:39
コストパフォーマンス
at 2016-02-11 14:53
言い訳~
at 2016-02-10 00:08

以前の記事

2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧