Inzaghi+calcio+Piu'


Inzaghiを中心としたCalcio周辺の話題や日常の気になるものをピックアップ***ただし、現在は玉木宏に偏愛してますので、あしからず***
by Ilaria60
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

BK90周年朝ドラコンサート

やっとTV放映があった「BK90周年ありがとう、朝ドラコンサート」

収録は10月21日水曜日でした。
場所は大阪NHKホール。
f0092821_049315.jpg


自分で応募したのはハズレ、TV放送があるし、と諦めてたら
お誘い頂き幸運にも行けることになりました、感謝です。

このイベントがあったせいか少し早めに着いたので、閉館時間ぎりぎりの
スタジオ収録を箕に9階へあがったらすごい混雑してて入場規制まで
かかってました!
で、ほんの短い時間ながら思いがけずいいものを見れたので満足して
一階アトリウムへ。

係員の指示があるまで並んだりも出来ないのでぼや~んとしてたら
うっかり指示を見過ごして並ぶのに出遅れてしまったという・・・

一応、先着順ではないとのアナウンスが何度もありましたし、実際、
そういう例もありましたが、なんとかまずまずの席をゲット。
NHK大阪ホールに入るのは初めてですが、さすがに広めの座席
空間もゆったりめ、床や椅子に木をふんだんに使用されてて
落ち着いたホールです。そして前列7列くらいのFブロックは可動式で
この日はカメラが数台入るためそのかなりの部分は取り払われてました。
(これで学習したので後日のBKワンダーランドでF4貰ったときも
あ、可動席の前のほうだとは思ったけど、どれくらいのレイアウトが
わからず最前列と聞いてびっくりしたのでした~)

で、実際の収録は予定よりかかってしまい2時間半くらいあったかな。
もっと早くから出て来て、お父さん役の近藤さんやナレーションの杉浦さんとの
からみトークを楽しみにしていた玉木くんと波瑠ちゃんは、ラスト15分くらいの登場。

撮影が押したということもあったのでしょうが、構成を見るともともとそんな
たくさん出ることは予定されてなかったのかもな、と。

そんな短い出番ではありましたが、登場した時の会場の盛り上がりが
とにかくすごかったですし、1日撮影した疲れた後とはいえ、
ふたりのキラキラ度はお~~~~っという感じ。
さっきまで着物の新次郎とあさと違って、波瑠ちゃんの足の細さときれいさ
この秋のトレンドのニットの玉木くんもスマートなエスコートぶりで
収録された日にはこのカッコは暑かったんだろけどオンエアされる11月20日頃を
考えての衣装なんだぁと納得。

ここからは、テレビで放送されなかった(と思う)トークを少し。
by ilaria60 | 2015-11-24 01:07 | 玉木宏 | Comments(0)

良席への道

そういえば、私も今回のBKワンダーランドのチケットに関して
知らないことが多くて、ネットで検索した際に、具体的に
書いてあった体験談を参考にさせて頂きました。
なので、具体的にチケットゲット方法について書いたほうが
後の記録になるかもれないなぁ、と


過去のアクセスみても、意外なものにアクセスあったりするし
自分が探すのって案外ひとも探すのかなと。
とはいえ、来年のBK朝ドラまでまだずいぶんと先のことではありますね。

まぁ、後で時間できたら、その辺のことも書いておきましょ。
by ilaria60 | 2015-11-14 00:35 | 玉木宏 | Comments(0)

BKワンダーランド 11月1日②

つづき、

毎日なんとなく忙しいので予定通りに進まなくって・・・



ディーンさんのプロフィール紹介で

す 「...福島県ご出身で、お歳が35歳、身長が180cm、と聞くとなにか
   聞いたことありません?」
   「ね、この前列を占めてらっしゃいますみなさんも、一緒一緒と仰ってますが」

     さすが杉浦さんには両日とも玉木ファンがかなりの割合で占めてるのご存知ですね

た 「学年はいっこ上なんですよ」
は 「同い年でいいじゃないですかぁ」
た 「いいじゃないか、そこだけ勝たしてくれよっ」 


その後も、この日ヒールのあるブーツだったディーンさんと珍しくぺったんこシューズだった
玉木くん、実際どっちが背が高いか比べては?という話になったり(しませんでしたけど)
二人で苦笑してまぁ比べる必要もないということで

ディーンさんが自分の大阪弁が下手だと言うと、「そんなことない」と
玉木くんがフォローする場面も。

そういえば、放送されない地域なのでわかんないけど、前にスタジオで
「大好き、福島」ってスポットを撮ってたな

海外でのキャリアなどの話の時かな、NHKはどこでも観れるという話になって
ディーンさんが台湾のファンから
「あの玉木さんと共演するの?」といわれたらしく
日本で仕事するチャンスがあるとは思ってもいなかったので嬉しいと



やる気スイッチ?


D 「新次郎さんがよくここを(うなじをさして)ポチッって押してるのなんです?」
た 「首にほくろがあってね」
D 「よくあささんの後ろにいてなんかボタン押してるなぁって」
た 「ここにやる気スイッチがあるんですよ」
は 「ないですって」
た 「え?あるんだよ、ここに」
は 「ないですっ」
た 「あるんだと、ここに、ほら」   と後ろに立っていって指差そうとする  (笑)
は 「もーっ、ないですよぉ、失礼なっ」と怒られてしまった新次郎さん
(笑) 

この日は観客の質問のかわりにクイズコーナー
まず杉浦さんが質問して、客席に聞いてそれを参考にキャストが答えるというもの
なので、説明はされてないですが、空気を読んで混乱させるためにわざと間違った
方に拍手するひともいるんですね。

波瑠ちゃんへの質問は
加野屋のまねき猫のあがってる手は右手?左手?

は 「え?どっちだっけ」 
た 「へえ~?これはわかるだろ」
す 「よのさんが作ったやつですよね、ほとんど毎日ご覧になってますよね」
は  立ち上がって客席に背を向けて、右あげたり左あげたりして
  まねき猫のポーズを実演
た 「お客さんにお尻向けるってどゆことなの?」(笑)
でも、ポーズすごくかわいいのと、前から見ると普通だったのに、うしろが少し背中が
開いててセクシーだったわ

そうえいば、この日の二人は、前日の秋冬っぽい服装が暑かったらしく
すごい軽装で色も黒と紺でぴったり合ってた。
た 「昨日の教訓で(笑)」
ディーンさんが、自分は冬衣装で来て失敗した、とぼやいてました。

とにかく正解して
は 「当たってるじゃないですか、もー」
た 「はっはっは、亀助さんがやってたでしょ?」   ってちゃんとあれ覚えてるんだ!
は 「亀助さん、左手上げてた」
た 「ちゃうわっ」
   ↑ この ちゃうわ が関西弁だった

玉木くんへの質問は
そうべえさんへ奢ったのは、うどん?そば?
一瞬悩んだけど

た 「うどん です」
す 「正解」
は 「きっと玉木さんが答えられないといけないからすっごい簡単な質問にしたんだよ」
た 「違うよ、どっちも出てくるんで、どっちかなって」
   台本では 二八そばだったらしい、そして、今後の話でも出てくるとのこと


ディーンさんへの質問は大阪での肩書きは?

質問が簡単で過ぎて
す 「こういうとき笑いをとるかどうかって、ねー」
た 「突然、ハードルあげられてしまって(笑)」
D 「ええ、でも間違えるとしゃれにならないので」
この後、ディーンさんの子供の話になったり

最後に6週の予告編VTRがあって、3人のコメントで〆となりました。
by ilaria60 | 2015-11-12 01:45 | 玉木宏 | Comments(0)

BKワンダーランド 11月1日①

BKワンダーランド二日目です。


受信料払ってねの前説は前日と打って変わってとても手馴れた
トークをする女子社員さんでした。

私の席は、31日のセンター最前列から、この日はやや左寄りの2列目
とはいえ、前に席がかぶってないのでのびのび1列目と変わらない
問題はどの椅子に玉木くんが座るかということ。
左端は杉浦アナは確定で、おそらくゲスト席の真ん中は波瑠ちゃんだろう
とすると、左なんだろうけど、もしかしてこの日が初めてのディーンさんを
アナの隣に持ってきたりするかも、と考えても無駄なことをいろいろ悩む開始前。

ほんとムダなんですけど、それがファン心理ってもんです。


で、今回もまず杉浦アナが登場してゲストを呼び込みます。
さぁ、どこから?と客席がざわつく中、
ステージに向かって右(上手)の中央横扉から、玉木&波瑠ちゃん
左扉からディーンさんの登場となり、いっせいに黄色い歓声が!

そして、通路中央でいったん一緒に立ち止まり、客席に向かって一礼と挨拶
その後サイドを入れ換えて、それぞれFブロックの通路を通って登壇

つ~ま~り、私の座ってる側を二人が通ったんですね~
いやぁ~~~今回は持ってるな、
しかも、着席位置も左より、杉浦アナ、玉木くん、波瑠ちゃん、ディーンさん
二日連続ガン見席でした。
いやぁ、眼福なことです。

でも3人ということで構成が変わっていて、来場者への質問募集はなし
代わりにQ&Aを一問ずつ、そしてハイライトシーンの映像も少なめ
(確か、3人一緒のシーンであさが五代に加野屋の店先で啖呵切るシーン)
なのでシーンにまつわるエピソードもひかえめ、
そして、なにより、1人増えてるのに、トーク時間が15分少なめの45分

ま、それはさておき内容行きます。




ステージに上がって一番、杉浦アナが既に大盛り上がりの会場についての
同意を求めるも、聞いてなかった玉木のおとぼけに笑いが起こり
「既に巾着回しで迎えてくださいましたね」
と言われてようやく
「ね、ありがとうございます」

放送が始まって一ヶ月、収録はどこまで進んでいるか?と質問
(以下、す=杉浦アナ、は=波瑠ちゃん、た=玉木くん、D=ディーンさん)

ちゃっかり、この質問を玉木くんに丸投げする波瑠ちゃん(笑)
た 「1月下旬ぐらいですかね、週で言うと」
は 「16?」
た 「14から16くらい」
は 「そう」
す 「ナレーション入れは第10週まで終わってます、12月半ばまで完成してます」

それぞれの役紹介で、前説?で職員さんが、あさが来たは1日に5回も放送しているんです、と
強調してたのを聞いてたらしく

は 「1日に5回も放送している、あさが来た に出演している波瑠です」
た 「ねー、さっきびっくりしましたよね、5回も、の も をすごく強調されてましたからね」
た 「あさののらりくらりしただんなをやってます玉木宏です」、
D 「ひとついいですか、やっとこさ会えたなぁ(これセリフですね)」
は た (笑)

波瑠ちゃんの母親と姉が五代さんのファンだという話題
実在のモデルがいる人を演じることについて

つづきを読む
by ilaria60 | 2015-11-09 00:53 | 玉木宏 | Comments(0)

ほんま、あほやなぁ、は愛の言葉



まだ1日のがあるし、学園祭のも残ってる、まあ、所詮自分の覚え書きなんで
あれですけど、

雑誌の整理とかHDDの整理とか、部屋も片付けてないし
家に帰っても、ふんわり笑ろうてくれる新次郎さんいないし、




にしても、BK見学、増えました。
それだけ、観てる方が多いってことなんですよね

外は冬に向かってるけど、見学廊下は夏です。
暑いです、空気薄いです。いや、ほんと。


毎朝、オンエア観ながら、あれがこうなったのかと
あたってたり、外れてたり、答えあわせしながら、
想像以上の感動もらってます。

とりあえず、外出先とかでささっと書けるよう
タブレットPCとスマホを新しくするぞ。
by ilaria60 | 2015-11-07 02:43 | 玉木宏 | Comments(0)

BKワンダーランド 10月31日③

つづき




共演者について

*宮崎あおいさんについて

は 「物静かで可憐でお裁縫が上手」
た 「ほんとに無駄な口を開かないというか・・・」
は 「私が無駄な口を開いてるってこと?」(笑)
た 「いや、大人だなという、(波瑠ちゃんに向かって)そういうわけじゃなくて 
   ムードメーカーっていうか・・・」(笑)
た 「大丈夫です、続けてください(笑)」 というかわいいやりとりが

*近藤正臣さんについて

た 「ほんとうにかわいがって頂いて・・・それは波瑠さんもですけど
   正臣さんがいらっしゃることで現場の空気もピリッとしますし
   たくさんの経験もしてらっしゃる方なので頭ごなしに言うのではなく
   同じ目線でさりげなく教えてくださるので、たくさん助けて頂きました」
は 横でそうそうってうなづいてる
す 「近藤さんのセリフって台本に書いてあることを覚えて言ってるようには
   思えないですよね」
た 「まぁ、ちょっと台本とは違うこともおっしゃってますけどね」(笑)
   と笑いをいれつつ、本質をわかった上で消化して言葉にしてるというような話でした。


*三宅さん(亀助)

紹介で出された写真をみて

た 「確かに亀っぽいですよね」
は 「(笑)、一緒にいて緊張しないですね、役なのか人柄なのか」



*友近

た 「すごくシャイな方なんですよね、最近ようやくお話出来るようになりました」
は 「ほんとですか?」
た 「食事とか一緒に行ったりしてやっと話してくれるようになりました」

そして、友近さんは、ご飯に目が無くて、現場で用意される消え物と呼ばれる
作品の中で出てくる食事のにおいがすると、ずっと、いい匂いがするなぁって
ずっと言ってるらしい


ちょっと長いのでたたみます  ↓

つづきはこちら
by ilaria60 | 2015-11-07 02:28 | 玉木宏 | Comments(0)

BKワンダーランド 10月31日②

では、以下 1日目トークショーレポです。

まずは、最初に、NHKの新人っぽい営業のボクのたどたどしい
受信料のお願い、あまりに慣れなさ過ぎて下手な前説よりおかしかったわ。


まずは、舞台下手から司会の杉浦アナが登場
「あさが来た」のナレーションも担当されてるので、先日の「朝ドラコンサート」
でもそうだったように視聴者が聞きたいところをがっちり把握されてます。

着席した時から舞台前面の二ヶ所にステップが取り付けてあるレイアウト
だったので、まさか、ここからってことは?と思ってたら
後方の両サイドの扉から、玉木くん、波瑠ちゃんがそれぞれ入場して
客席中央の通路で合流、一礼して、今度はそこでクロスして
お互い逆サイドの通路に入れ替わってステージへ。

この時、センターブロック右寄りの席だったので、ばっちり側を通ってくれて
玉木くんが手を出せば触れる位置(でも自制心で手は出さないです)

そして、波瑠ちゃんを真ん中に下手に杉浦アナ、上手に玉木くんが着席

おわっ、ど正面~~~~
あまりに近過ぎて、用意してた双眼鏡も出せないどころか、なんだか
申し訳なくて、足も組めない、嬉しい誤算。
最近、最前列ってあんま無かったのでテンションあがる
(会場レイアウトは催しによって毎回変わるので貰った席がFが前正面ブロック
なんですが、Fなんちゃらでも最前列は数字どおりじゃないのです)

しかも、最前列中央には舞台スクリーンに映る映像を舞台の三人が見れるよう
VTR流すモニターが置いてあるので、しょっちゅう、玉木くんが真剣に視線を
そちらにやるのでそんな表情もちょっと美味しいという
歓声は学祭だってここまであるかないか、ってくらいすごい黄色い
波瑠ちゃんもチェックのOPですごいかわいい。

以下、玉木くん=た  波瑠ちゃん=は 杉浦アナ=す  で

まずはふたりの挨拶、そして

は「こんなにきゃーきゃー言われるの生まれて初めてです」
た「出来る限り中身の濃い話をしたいです、楽しんで帰ってください」

す「一階のアトリウムのモニタでは入れなかったお客様もご覧になっます」

は 舞台後ろをむいて手を振る
た 「後ろ向いてどーする(笑)」


す 放送から一ヶ月経ちました、反響もすごいですが
は 「まだ実感がなくて」
会場 観てるよ~
は 「ありがたいことです、ねぇ」 と玉木に振る
た 「そうですね、ここにいる方で観てない方がいらっしゃったらちょっと
   びっくりしますよね(笑)」
た 「波瑠さんが言ったようにひたすら撮影してるので、反響というのは
   わかりにくいですが、ご飯を食べに行ったりすると、観てるよとかいわれるくらいで」
は 「私の家族は五代様がお気にいりみたいで」
た なんか言ったけどききとれなかった
す ご家族はなんて?
は たとえば・・・   と考えてとっさに思いつかない
た 「ほらっ、子供のころのあさを見て・・・」  と以前のトークで言ってた話を
は 「あ!そうそう、子あさちゃんを見て私の子供の頃みたいだって」 



プロフィールの紹介の時

波瑠ちゃんの座右の銘、一視同仁についての話題の時

す そういう座右の銘の波瑠さん、玉木さんから見てどうですか?
た 「忍耐強くてにこやかにわけ隔てなく人に接していて・・・・」
は 「・・・いいですよ、無理しなくて」
た 「いや、ほんと最初はそういう印象だったけど、ずっと一緒にやってて
   おてんばなところもあるけどちゃんと地に足がついてるひとだなと」
は 「・・・ありがとうございます」小さい声で  

す「玉木さんは大河ドラマもたくさん出てくださってまして、篤姫の時は坂本龍馬
  素敵でしたね(拍手)、そして平清盛では源義朝、すっごい素敵でした、ね、皆さん」(拍手)

波瑠ちゃんの玉木くんの印象は半年経って変わったか?
は 「変わったところと変わらないところがあります、最初に会った時からすごく頼もしいし
   真面目なところは変わらないんですけど、ちょっと天然なんですよね」  笑
は 玉木くんの方をみながら  「話していいですか?」
た  「いいよ」
は 「メロンが苦手なんです」
た 「そう、僕メロン苦手なんです」
は 「割と最近まで、メロンが苦手だからメロンパンは食べれないって」
す 「メロンパンってメロン入ってました?」
た 「いや、入ってないですね、なんかメロンの味がするもんだとずっと思ってたんです」
す 「最近はもう食べられるんですか?」
た 「はいっ、もうそれが違うんだと知ったので、そしてすごく美味しいです(笑)
   あれ、誤解招くから名前変えた方がいいんじゃないですか」  
は 「また訳わかんないことを」
た 「わけわかんないって、嫌いなもんの名前はいってんだから」
  

スクリーンにステラにも載ったトカゲのおもちゃでイタズラされてる写真が。
いっつもやられてるんで、やりかえしたけど反応なくて自分がやられた
た 「後ろで方言指導の先生が笑ってる(笑)」


つるべの家族に乾杯で、馬をみて「ダンナ様に似てる」と言った件
は 「あ、言っちゃったと思ったけどオンエアで使われてましたね」
た 「ずーっと言われてるので、なんとも思わないですよ」
は 「馬とか、キリンとか?」
た 「きりんって。それは違うだろ、あんな足がかさかさしてるの・・・」   てそこお???(笑)
た 「でも同じ系統の顔だと思ってるんだけど」 と波瑠ちゃんを見る
は 「いえいえ、違います」
た 「なので放送みて、ふうんって。馬とか鹿とか(言われなれてるんで)」
す 「眼がおっきくて、かわいらしいですよね」
は 「しゅっとしてね」
た 「いや、ただ鼻から下が長いだけでしょ」
す 「そんなこと番組で言えるほどお二人の仲がいいんだなと」
た 「それで仲がいいになるのかどうかはわかんないですけど(苦笑)」


二人のそれぞれの役への思いについて
す 「あさちゃんとは?」
た なにか思い出したようで、「打ち合わせの時にね、波瑠という役柄について
   話してくださいって」
は 「ほんとよくあるんですよ、あさとはるを間違えて、あささん、波瑠について
   お話してくださいって」(笑)
す 「私も先日の朝ドラコンサートで間違えてしまったんです」
た 「ありましたね」 しっかり覚えてる~
す 「ごめんなさい、私もちょっと天然が入ってるようで」
は 「収拾つかなくなってしまう・・・」
た 「僕らがしっかりしないと」

波瑠ちゃんが、説明するのに、「熱量」って言葉を使うと、しっかりその後の
新次郎の説明時に、玉木くんも「熱量」って切り口で話つないでた。
新次郎は、なに考えてるかわかない人だけど、芯はあるし、品もある人


オーディションの相撲で波瑠さんが良かった点が
イメージと違い迫力がありしかも品があった点らしい。
そして勝ったからといって受かるわけではないと事前に言われたそう。

会場「よ、日本一」
た 「よっ、にっぽんいち」と波瑠ちゃんに
は 「あの時は夢中で覚えてないですけど、そういうシーンがあるというので
   ジーパン履いていったんです」
た 「ジーパンは動きやすいのかなぁ?」
は 「動きやすいですよぉ」
た 「ジャージのほうが動きやすいんじゃないの?」
は 「ジャージはいてNHK行けないじゃないですかぁ、そうそう、スカートはいてる
   ひともいたんですよ」
た 「それは、あかんな」   ←ここ、素敵関西弁~~
初夜のそのシーンがスクリーンに
す 「すぐに相撲をとりたがる奥様どうですか?」
た 「(写真見ながら)投げ飛ばされてましたからねえ、なにをしてんだって写真ですね」
す 「玉木さんご自身で回転レシーブみたいにされたんですか?」
た 「アクションですからね、タイミング合わせて飛びました」
は 「私がそれーって言ったら飛んでくれました」
た 「合気道みたいだね」
は 「ふれずにね」



杉浦アナが、趣味人で仕事しない、いわば遊び人だけど、ヒロインの旦那様
だがら魅力的じゃないといけないってとっても難しい役ですよね、と
振ってくれる。

三味線について、撮影始まる二ヶ月前から練習を始めたこと
新次郎が三味線についてはある程度の域に達しているという設定なので
見ないでそれらしくひかなければいけないのが大変だと
三味線を習って3年半でやることを今やってると先生に言われた

そして、杉浦アナも
「しかもそれを新次郎さん、美しく凛々しく弾かれますものね」と

た 「僕が弾くのではなく新次郎として弾かなければいけないですからね」
す 「これからも出てくるんですか?」
た 「ありますね、たくさん」会場、期待の拍手



あさの びっくりぽん と 新次郎の 巾着まわしを集めた映像の後
映像が流れてる間、ふたりでなにか言って笑ってる

は 「こんなにたくさん言ってるんですね」
会場 かわいい
は 「気のせいです」
た 「気のせいじゃないっ、ありがたくもらっときなさい」

巾着回しの映像集の後、会場でもファン手作りお揃いの巾着がぶんぶん

た 「こんなに回してるんですね」
は 「ね」
た 「この会場でも、みなさん、回してくれてましたけどね」
た 「ちょっとやってもらっていいですか?」 と巾着回しを促す玉木
 みんな、ぶんっぶん

た 「こら、涼しいなぁ、びっくりぽんや」 爆笑
た 「はっははは」と楽しそう

それにしてもどこでそんな新次郎さんが持ってる巾着にそっくりな生地みつけて
来たのかと思ったら、ちゃんと模様まで自作されててすごい GJです

この巾着まわし、以前、役作りをスタッフと話しあってるうちに
キャラのしぐさとして考えたようですが、今は台本に、
新次郎、巾着をぶんぶん回しながら出て行く、とかト書きに書かれてるので
た「僕は台本にかいてあるとおり忠実に回してるんですからね」

そしてなぜか、杉浦アナの質問に答えて、玉木くんが上手な巾着の
回し方を伝授
まわそうとしないで、ぶら下げて縦にこうやって軌道に乗せたほうが、といいながら
スナップをきかせたしぐさをやってみせる

あの大好きなあさと新次郎が手をつないで土手を歩いて行くシーン
ここでの巾着回しがほかと違ってたというと

た 「あの日は記録的に暑かった日のロケで、いつ終わるかなぁって」

と笑いとってましたけど、嬉しいときとさびしい時違うように見えるけどなぁ

びっくりぽんは、大阪言葉ではなく、標準語の造語で、生の感情が入った
言い方でないと、キーホルダーみたいに取ってつけた風になってしまう、
とのこと、ここなんて言ったらいいか言葉を捜して玉木くんにもたすけを
求めてたけど言わんとしてること伝わってると思いますね


ああ、生障子ぴしゃん、まで行けなかった~~~
後編に続きます 
by ilaria60 | 2015-11-02 01:43 | 玉木宏 | Comments(0)

最新の記事

秘境旅~奥祖谷 二重かずら橋..
at 2017-09-04 17:52
秘境旅~奥祖谷 二重かずら橋..
at 2017-09-04 17:05
RA★MG11 in Ha..
at 2017-07-21 01:49
RA★MG11 in Ha..
at 2017-07-19 06:58
わきゃー
at 2017-07-17 14:53
顔面神経麻痺になりました
at 2017-04-26 14:06
2016/11/05 京都..
at 2016-11-25 10:33
at 2016-11-10 00:30
祭りのあと
at 2016-11-07 20:18
20161030海星女学院大学
at 2016-11-07 10:11

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

検索

ファン

ブログジャンル