Inzaghi+calcio+Piu'


Inzaghiを中心としたCalcio周辺の話題や日常の気になるものをピックアップ***ただし、現在は玉木宏に偏愛してますので、あしからず***
by Ilaria60
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

顔面神経麻痺になりました

ある朝、コンタクトを入れたら違和感で入れてられない。
食後にマウスウォッシュしようとしたら、なぜか魚みたいに口から液がピュッビュッ飛び出る。
鏡には左右がなんだかずれた顔…

なんだ、これ?

疲れてんのかな?
そういえば、ここ1週間ほど近なに食べても甘さを感じないというか、苦い。
もっといえば3月なかばあたりから、舌の左側面が見た目なんともないのにぴりぴり痛い。

でも、体はなんともないし、翌日は久しぶりの桜お花見をかねての、近江八幡ロケ地めぐり、気にするほどのこともないよね

というわけで、

翌日、元気は元気、だけど、買ったストローつきの飲み物が吸い込めない
仕方ないからストローを歯で噛んでなんとか飲む。
顔の歪みは昨日より顕著なので、化粧するのに左右の眉の高さを合わすのが難しい、でも、前髪で隠れたら一緒だし



楽しみにしてた近江牛ハンバーグ、美味しいし味はわかるけど、なんとなくぼんやり。
飲み物はゆっくり飲まないと左の口元からこぼれそう。

午後のデザートタイムには、いよいよそれが顕著で、コーヒーはカップを両手でもって口に流し込む要領でないと飲めなくなる。
せっかくのバームクーヘンも甘みがほぼわからない。
その頃には見た目にも左の顔が下がってきてる。


調べてみると、いよいよこの症状は顔面神経麻痺としか思えない



とにかく、早く見てもらうことが後遺症を残さずに治せる早道らしい

ということで、翌日ちょっと大きめのクリニックに朝イチで駆け込む。

医者に行くのに滅入る格好はしたくないので、気持ち的には、遊びに行くかのように新しいブラウスとスカートでテンションあげて出発
着くと、まず受付で問診票を書き、どの科に行くかを相談、症状を説明し私の顔を一目見た職員さんは、予想通り神経内科ですねと。

そこで待つこと数時間


診察

事前にネットで調べた通り、いわゆる柳原法というのを調べられる。
額にシワを寄せる→左ができない
軽く目をつむる→左がうっすらあいたまま
ぎゅっとめをつむる→つむれるが目の下は動いてない
鼻をぴくぴくさせる→これはもともと苦手、なのでまったく動いてない
口をイーッてする→左はまったく広角があがらない
口をへの字にする→これも左の動きがついてこない
目をつむって両腕を前にあげる→問題なくできる
耳に異常なし

この時点の先生の見立ては、末梢性顔面神経麻痺、中程度


ストレスはありますか?
と聞かれ、特には…、でも、人間生きてりゃストレスはあるでしょ?!と答える。

念のために、血液検査とMRIをとることに。
MRIは初体験なので、かなり興味津々で検査室まででむく。

不謹慎だけど、とても楽しかった。
頭部を撮影するのでかなりがっちり固定されてるので、かなり大きな音がしてるらしいけど、そんなに気にならない。
深呼吸や唾を飲み込んでも頭が動くので、撮影中は極力しないように気を付ける。
ただ、これも麻痺の関係なのか、その唾液自体あまり出てこない。
とても優等生な患者だったと思う。


後で先生に何枚か脳断面図を写メらせてもらった♪
一応超個人情報なのでここにアップはしないけど、自分の前頭葉とか記憶領域とかなかなか見れるもんじゃないので、とても興味深い。

脳には異常もみられず、やはり末梢性顔面神経麻痺で、「入院」をおすすめされる。

いや、まって!

それは嫌!!

仕事休むの困るし、無駄なお金もいるし、女の勲章も観たいし、遊びに行く予定もあるしー

そしたら、とりあえず投薬で様子をみましょうということになる。

薬は2週間出しておくけど、その間になにかあったら予約は気にしないですぐに来ていいから、と言われる。
今が底か、もっと悪くなるかわからないからという先生に

言霊があるからそれはいっちゃだめ!治るっていって安心させてとつっこんでおく。

結局、この日は、5時間程かかって終了。
帰りに、薬局で2週間ぶんの薬をもらう
プレドニゾロン(一日10錠×7日、8錠×2日、6錠×2日、4錠×2日、2錠×2日)
メコバラミン(1日3錠2週間分)
ファモチジン(1日2錠2週間分)
バラシロクロビル(1日2錠5日分)


これもネットで調べた通りの内容


その後もネットで経験者のblogなど読み漁る。
ちょうど、なぜか食べる量は変わらないのに、想定より体重が右肩下がりに落ちていくので、さすがに不安になり、お風呂の中で珍しく大泣き

でも、それですっきりしたので、その、3日後のお休みに、小さな耳鼻咽喉科にセカンドオピニオンがてら行ってみることに。
ここで同じ意見ならそれはそれでいいし。



そこでも同じようなチェックをうけ、別の病院で薬をもらっていることも話す。
先生は、うちはこんな小さいとこなんで入院設備はないけど、毎日来れるなら点滴はしてあげられるよ、と。

調べて、入院してもやることは点滴だけで、あとはストレスから離すことが目的だと理解していたので、それならと、通院で点滴を受けることにする。

貰ってる薬は点滴を考えて、半分の量を飲むように指導される。


点滴なら、仕事を休まなくても、少し抜けていけるので、助かる。


点滴はなかなか楽しくて、薬の相乗効果か、運動能力、体力がものすごく増強されてる
ドーピングかぁーというくらい。
毎朝、四時間の睡眠でどんなに遅く寝てもすっきり起きれるし、ご飯もたべられる。
しかも、なんか精神状態がおだやかで
何を見ても楽しいし美しく思えるし、涙さえ出てくる、お医者さんや看護師さんに聞いても、そんなこという人はいないと笑われる。
点滴の間も、耳鼻咽喉科あるある話で看護師さんともいいムード。
ちなみに私は注射けっこう得意なんだけど、血管がしっかりしてるから看護師さん的にも楽らしい。

耳鼻咽喉科は木曜と日曜がお休みなのでその日は病院でもらった薬を全量服用、それ以外の日は、点滴と薬半量というのを15日間


参考までに、点滴の内容は以下の通り
ソリターT3号輸液 200ミリリットル
ナイクリン注射液20ミリグラム 2管
トリノシンS注射液20ミリグラム3管
メチコバール注射液500 3管
リンデロン液2ミリグラム 3管
(リンデロンのみ3管を3日、2管を3日、1管を3日、最終日は0)



毎日、少しずつ動く範囲が増えていき、まず額に皺がよせられるようになり、眉の高さもほぼ揃い、相変わらず片目うっすらながら目もつむれるようになり、最後の口も、もれる量がへり、まず普通にコップで飲める、頬をふくらませる、口笛も多少ゆがみありつつも吹ける、と神経が復活してるのを感じれる毎日
そして、あんなに減り続けてた体重も、減りが止まる。
これはちょっと残念ではあるけど、体の中でいろいろ頑張ってくれてたんだなということで、目標はクリアしたことだし、夏までにまたゆっくり維持しつつあと一キロ頑張るかと。


そして、まず最初に行った病院での2週間検診
ここまで治ってるなら、完全に元通りになるとお墨付きをもらう。

最初の診断で中程度といったことについても訊いてみた。
先生いわく、あの時点ではあれが底かどうか不明だったことで、軽から中にかかるところあたりだったんだろうとのこと。

1ヶ月分のメコバラミンを処方してもらって一応予約も取ってもらう。


そして、その3日後の耳鼻咽喉科でも、点滴が終了。
まだ口のあたりは残るけど、これも1ヶ月くらいすれば治るだろうし、再発の心配もないだろうとのこと。

あとは麻痺側の頬のマッサージをしておくこと、気になるようなら時々様子を見せに来てといわれひとまず治療は終了


結果として現時点では完治ではないけれど、日常生活では特には不自由はないし、目が乾く、口角が下がっている、左右の顔が非対称も他人にはわからないレベルなのであとは時間が解決することと思います。


私は、口唇ヘルペスを持っているのでそれと関係があるのかもしれないけど、誰にもいきなり起きるかもしれないことなので、味覚が少し変だとか、気づいたら耳鼻咽喉科へ行くことをおすすめしたい。

それと、今回は桜の季節にこういうことになってずいぶん助かったなと思う。
しあわせな気持ちになること、これは早い快復にずいぶん役に立ったと思うので。
by ilaria60 | 2017-04-26 14:06 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by nyao at 2017-04-26 15:52 x
点滴に通われていることはなんとなく拝見していたのですが大変でしたね。でも完治に向かっているとのこと、本当に良かったですね。とっても詳しく分かりやすいので、同じ症状に悩まれる方にはすごくありがたいのではと思います。前向きパワー、素敵です♪
Commented by ilaria60 at 2017-04-26 18:11
nyaoさん
ながったらしいのを、読んでいただいてありがとうございます。
今回は最初の3日ほどを除けば不思議なほど暗く思えなくて、逆に家族と話す機会が増えたこと、玉木くんを通じてのお友達に変わらず遊んでもらって笑って過ごせたのが良かったのかもしれないです。先生にも君は入院しないほうが良かったかもねと苦笑されましたし。
でもほんとなにか異変があったらみなさん杞憂に終わってもお医者さんに行ってもらいたいと思いました

最新の記事

顔面神経麻痺になりました
at 2017-04-26 14:06
2016/11/05 京都..
at 2016-11-25 10:33
at 2016-11-10 00:30
祭りのあと
at 2016-11-07 20:18
20161030海星女学院大学
at 2016-11-07 10:11
20161022福岡女学院
at 2016-11-07 10:07
今日のお散歩土産
at 2016-03-09 01:54
抜け殻
at 2016-03-09 01:39
コストパフォーマンス
at 2016-02-11 14:53
言い訳~
at 2016-02-10 00:08

以前の記事

2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧