Inzaghi+calcio+Piu'


Inzaghiを中心としたCalcio周辺の話題や日常の気になるものをピックアップ***ただし、現在は玉木宏に偏愛してますので、あしからず***
by Ilaria60
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

BKワンダーランド 10月31日③

つづき




共演者について

*宮崎あおいさんについて

は 「物静かで可憐でお裁縫が上手」
た 「ほんとに無駄な口を開かないというか・・・」
は 「私が無駄な口を開いてるってこと?」(笑)
た 「いや、大人だなという、(波瑠ちゃんに向かって)そういうわけじゃなくて 
   ムードメーカーっていうか・・・」(笑)
た 「大丈夫です、続けてください(笑)」 というかわいいやりとりが

*近藤正臣さんについて

た 「ほんとうにかわいがって頂いて・・・それは波瑠さんもですけど
   正臣さんがいらっしゃることで現場の空気もピリッとしますし
   たくさんの経験もしてらっしゃる方なので頭ごなしに言うのではなく
   同じ目線でさりげなく教えてくださるので、たくさん助けて頂きました」
は 横でそうそうってうなづいてる
す 「近藤さんのセリフって台本に書いてあることを覚えて言ってるようには
   思えないですよね」
た 「まぁ、ちょっと台本とは違うこともおっしゃってますけどね」(笑)
   と笑いをいれつつ、本質をわかった上で消化して言葉にしてるというような話でした。


*三宅さん(亀助)

紹介で出された写真をみて

た 「確かに亀っぽいですよね」
は 「(笑)、一緒にいて緊張しないですね、役なのか人柄なのか」



*友近

た 「すごくシャイな方なんですよね、最近ようやくお話出来るようになりました」
は 「ほんとですか?」
た 「食事とか一緒に行ったりしてやっと話してくれるようになりました」

そして、友近さんは、ご飯に目が無くて、現場で用意される消え物と呼ばれる
作品の中で出てくる食事のにおいがすると、ずっと、いい匂いがするなぁって
ずっと言ってるらしい


ちょっと長いのでたたみます  ↓










このトークショーがあった二日間のみ、撮影スタジオに実際に入ることが
出来たんですが(これも時間があったら写真レポしますね)、このことは
二人は知らなかったのか、玉木くんは
「へ~。店の中にも入れるんですか?うえにあがれたりも?」と聞いて
観客に上には上がれないと即効返事される場面も
で、杉浦さんが、立派なセットですと感心すると
なぜか 
た 「立派ですわぁ、ほんとに」
  と新次郎さんになってた

加野屋での印象的なシーンについて

た、は 「たっくさん、いっぱい撮ってますからね~」
た  「泣いて、笑って、覗きみて・・・」 
は  「覗きみて、盗み聞きして」
た  「まぁ、よく覗き見てますねえ。それくらい風通しのいい家とってことで」

 これには会場も納得の大笑

笑わしたあとで、あの新撰組からの初夜シーンの映像が流される

た 「・・・・ねえ、結構前ですね(撮影したのが)」
は 「ねえ」
す 「私たちはつい最近拝見したんですけどね」
た 「あ、先走ってしまってすいませんねえ」
す 「このシーン、波瑠さん、大きな目でしたね」
た 「ねえ、でも五代さんに啖呵きってるときが一番大きかった、
   落ちそうだったから」
は 「よく、こうやられます (と玉木くんが波瑠ちゃんの目を落ちないよう受けるしぐさ)」

す 「話をそらさないで」とやんわり 会場大うけ

た 「ぜんぜん、天然じゃないですか!?」  冒頭でアナが自分を天然って言ってたので
は 「新撰組が来て、実際のというか、山本さんがきて、すごい緊張したんです」
   「足がほんとに震えるような気持ちでやってました。」
た 「どうやったら足が震わせられるだろうって言ってて」
は 「足が浴衣で隠れてるのでどうやったらいいかって、亀助さんとかだんな様に
   教えてもらってました」
た 「で、やってみせました」

会場、やって~の声 に答えて立ち上がって、すっと1歩前に出て
足をがたがた震えるしぐさをやってみせてくれる玉木くん

た、は 「やりすぎるとうそくさくなるからね、ね」

す 「新撰組のシーンはわかりました」 ←スバラシイ切りいかえし
す 「朝からラブシーンでしたよね、私たちには」
た 「撮影は夜だったですけどね、(そして観念したのか)ええっ・・・・と。
   アングル的に見えないようにしてくださいと言われて、肩こうすればいいですか?って
   聞きながら、すごい不自然な姿勢で(苦笑)」
は 「調整した型に二人でびっちりはまる感じで」
た、は 「だからキスシーンの撮影ってロマンチックでもなんでもないんですよ」

た 「その後、(障子しめたあと)影絵のように映るシーンがあって、よしっ、ちょっと
   遊んでやろうと思って、脱ぐ動きをぱっぱってやってたんですけど、
   そしたら、やりすぎですって言われて(笑)」
は 「あの時、もうお祭りでもみくちゃにされた男みたいでしたよね(笑)」
た 「そう、で、さりげなく左に切れてってもらえますかって言われちゃって」
   会場も大うけしてました、身振り入り説明で

は  「結局、笑いで終わるんですよね」
た  「そう」



す  「障子を閉めるシーンの所作美しかったですよね」と観客に同意を求める
     エロというか待ちきれなかったとは言わない正しい質問、拍手がわいてた

す  「中心を合わせるのどうやって?」
た  「自分が真ん中に座って・・・」
    と、やってといわれる前に察して、立ち上がり、舞台前面で
    膝立ちであのシーンの再現をしてくれる玉木くんのサービスっぷり!
た  「境目に座れば、出来ますよ」
す  「微調整とかは?」
は  「だから、そんなすんなり真ん中に行くのが難しいじゃないですかって話だと思う」
た  「だって、ちゃんと畳があるからわかるでしょ」
す  「隙の無いお答えですねえ」


もう、このやりとりが3人のキャラがたってて最高の流れでした。

アトリウムの炭鉱セットの紹介の時も、美術さんが大変な苦労で作ってたので
見て行ってくださいと、玉木くんが言い添えてたのがスタッフへの思いやりで
いいなぁと思った。


初日だけは、観客に質問用紙が渡されててその中で二個だけ答えるコーナーが
ありました。用紙の入ったBOXが出てくると、学祭等で手馴れた玉木くんは
当然のように引いて進行しようとするのがツボだった
質問者を客席にみつけるのも早かった
一個目は波瑠ちゃんが引いて、それが玉木くんへの質問
二個目は玉木くんが引いて、波瑠ちゃんへの質問

玉木くんへの質問は、関西弁について
これはいろんなとこで言ってる、回答でしたが、先生の紹介と
自分から言いたいことを先生に言い回しを聞いたりするとのこと

波瑠ちゃんへはびっくりぽんなことで、大阪住んで忙しくて
電気代を払うの忘れて夏なのに一日大変だったとのこと


最後に、これからの見所などの紹介を二人でやって
終了。

もう一日目は1時間以上やってくれてしかも全然トークの間があくこともなく
ずっと笑いがあったり、最後に杉浦アナがスピーカー蹴飛ばしちゃうシーンも
あったり、生シュタン、や生プルプル、去り際の兄弟のように玉木くんの
舞台袖での一礼を波瑠ちゃんが一緒にやったり、楽しくて和やかで
これがタダなんて信じられないっていう素敵なものでした。
by ilaria60 | 2015-11-07 02:28 | 玉木宏 | Comments(0)

最新の記事

RA★MG11 in Ha..
at 2017-07-21 01:49
RA★MG11 in Ha..
at 2017-07-19 06:58
わきゃー
at 2017-07-17 14:53
顔面神経麻痺になりました
at 2017-04-26 14:06
2016/11/05 京都..
at 2016-11-25 10:33
at 2016-11-10 00:30
祭りのあと
at 2016-11-07 20:18
20161030海星女学院大学
at 2016-11-07 10:11
20161022福岡女学院
at 2016-11-07 10:07
今日のお散歩土産
at 2016-03-09 01:54

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

検索

ファン

ブログジャンル